28 October 2015 (Sydney): NetComm Wireless Limited (ASX: NTC) and Kanematsu Communications Limited today announced that NTT DOCOMO, Japan’s largest mobile service provider with over 63 million subscribers, has passed two NetComm Wireless 3G M2M Smart Router models (NTC-6200-12 and NTC-6200-13) for deployment on its nationwide 3G network to expand customer access to DOCOMO M2M services.

The Japanese government expects much of Japan’s ICT industry growth to come from the Machine-to-Machine (M2M)/IoT sector as network operators such as NTT DOCOMO develop partnerships that provide domestic and export customers with price-competitive M2M solutions that generate value. Developed to meet the high-grade requirements of the Japanese market, the NetComm Wireless NTC-6200-12 and NTC-6200-13 have passed NTT DOCOMO’s Inter-Operability Test (IOT) and are ready to provide reliable access to DOCOMO’s M2M services.

The technology allows enterprise customers to monitor and manage mission-critical assets and systems located anywhere in the world from an online management website. The NTC-6200-12 and NTC-6200-13feature a number of communication interfaces, seamless integration and open customisation to give businesses complete control of construction equipment, machinery, surveillance cameras, digital signage and other remote assets in real time. Both devices offer the capacity to troubleshoot issues, upgrade firmware and rollout new applications from any location.

“Companies are adjusting their business models to take full advantage of the new efficiencies made possible using open and adaptable 3G M2M technology and we will continue to collaborate with NetComm Wireless on the delivery of cost-effective connection and communication technology that brings global M2M capabilities to the Japanese market” said Mr. Koji Nishimaki, Corporate Officer & General Manager of Corporate Sales Division,Kanematsu Communications.

“This launch represents our strong position in the Japanese market and we look forward to continuing to deliver a portfolio of M2M products to DOCOMO customers in partnership with Kanematsu Communications. The highly efficient and economical NTC-6200 series is equipped with the features, interfaces and scalability needed to support Japan’s surging pace of change,” said David Stewart, CEO and Managing Director, NetComm Wireless.

The NTC-6200-12 and NTC-6200-13 are JATE/TELEC certified, having passed DOCOMO’s Inter-Operability Testing, and each enable easy integration with enterprise IP systems using VPN connectivity. The embedded Linux OS and Software Development Kit (SDK) facilitates the development of custom software applications; and multipurpose interfaces including: GPS, I/O ports, Serial, Ethernet and USB vary between models.

For device specific specifications please visit: http://www.docomo.biz/html/iot/

Enquiries to:
Kanematsu Communications
Masaya Osaka, Manager
Phone: +81 3 5308 1077 or email: m2m-info@kcs.ne.jp

NetComm Wireless
Gloria Vincent, Communications Manager
Phone: +61 2 9424 2542 or email: gloria.vincent@netcommwireless.com

About Kanematsu Communications Limited
Kanematsu Communications Limited drives the expansion of corporate activities and mobile communication solutions. As a leading Japanese provider of mobile-related services, Kanematsu Communications proposes innovative solutions in the mobile network community by making use of the expertise acquired through partnerships with all Japanese carriers. At the dawn of the full-fledged mobile business era, mobile communication innovator ― Kanematsu Communications ― brings change and innovation to the business scene in Japan by proposing corporate mobile solutions.

About NetComm Wireless Limited
NetComm Wireless Limited (ASX: NTC) is a leading developer of Machine-to-Machine (M2M) devices and solutions globally. The company provides 3G, 4G and rural broadband new generation fixed-wireless devices that underpin an increasingly connected world. Leading telecommunications carriers, core network providers and system integrators utilise NetComm Wireless' solutions to optimise network performance and to support their connected products and services in the M2M and rural broadband markets. For the past 33 years, NetComm Wireless has developed a portfolio of world first data communication products, and is now a globally recognised wireless innovator. Headquartered in Sydney (Australia), NetComm Wireless has offices in the US, Europe/UK, New Zealand, Middle East and Japan. For more information visit www.netcommwireless.com.

NetComm Wirelessと兼松コミュニケーションズがドコモM2Mサービス対応ルーターを展開

【シドニー2015年10月 28日PR Newswire=共同通信JBN】NetComm Wireless Limited(ネットコム・ワイヤレス・リミテッド、、以下「NetComm))と兼松コミュニケーションズ株式会社は26日、6300万余りの加入者 を持つ日本の最大手モバイル通信事業者であるNTTドコモがNetComm製 3G M2Mルーターの2機種(NTC-6200-12及びNTC-6200-13)について相互接続性試験(IOT)を完了したと発表致しました。NTTドコ モの狙いとしては、顧客のDOCOMO M2Mサービスへのアクセスをより促進させ、同社の有する全国的な3Gネットワークを発展させていく事になります。

NTTドコモなどのネットワーク事業者がパートナー提携を行う事で、新たな価値を生み出すM2Mサービスを国内外の顧客へ安価な価格で提供する事が 可能になります。それによってM2M/IoT分野が発展し、ひいては日本のICT産業が大いに成長していくという事を日本政府も期待しています。 NetComm製品の2機種(NTC-6200-12及びNTC-6200-13)は、日本市場の高度な要求にも応えるように開発されている上に、今回 NTTドコモの相互運用性試験(IOT)に合格した事でドコモのM2Mサービスへの信頼できるアクセスについて提供する用意もできました。

M2M技術によって、必要不可欠な資産やシステムが世界のどこにあったとしてもインターネットの管理システムから遠隔で監視・管理を行う事が可能に なります。NTC-6200-12及びNTC-6200-13は多様な通信インターフェースを有し、シームレスなシステム統合やカスタマイズ機能について も対応致します。同製品によりユーザー企業は、建設機器、機械、監視カメラ、デジタルサイネージ、その他遠隔資産をリアルタイムで完全制御を行う事ができ ます。また同製品に対しても、トラブルシューティング、ファームウエアのアップグレード、新しいアプリケーションの展開、についてあらゆる場所から遠隔で 行う事ができます。

本発表に関する兼松コミュニケーションズ株式会社 執行役員 法人営業本部長 西牧浩二からのコメント

「企業は、汎用性のある且つ順応性のある3G M2Mの技術によって可能となる新たな効率性を最大限に活用するビジネスモデルに適応しつつあります。私達はNetCommとの協業を続ける事で、接続・ 通信技術を競争力のある価格帯で提供し、世界のM2M技術を日本市場へ持ち込んでいきたいと考えております。」

本発表に関するNetComm Wireless Limited CEO and Managing Director, Mr. David Stewartからのコメント

「今回のNTTドコモの相互運用性試験(IOT)に合格した事によって日本市場における当社の立場はより強固なものになったと考えます。兼松コミュ ニケーションズ株式会社との提携を通し、NTTドコモの顧客に対して当社のM2M製品ポートフォリオを引き続き提供していきたいです。とても効率的で且つ 低コストなNTC-6200シリーズは、押し寄せるように加速する日本の変化をサポートするために必要な機能、インターフェース、スケーラビリティーを備 えております。」

NTC-6200-12及びNTC-6200-13はJATE/TELEC認証を取得しており、またドコモの相互運用性試験(IoT)にも合格致し ました。また2機種とも、VPN接続を使った企業IP システムとの統合を行う事が容易に可能です。搭載されているLinux OSとソフトウエア開発キット(SDK)の提供によりソフトウエア・アプリケーションのカスタムが促進されます。また機種によって、GPS、I/O、 PoE、ZigBee、Serial、Ethernet、USB等の搭載される多目的インターフェースは異なります。

端末の製品仕様につきましては以下をご参照願います。

http://www.docomo.biz/html/iot/

▽兼松コミュニケーションズ株式会社について

兼松コミュニケーションズ株式会社は、企業活動の拡充とモバイル通信の提供を進めております。日本市場でのモバイル関連サービスの大手プロバイダー であり、日本の全通信事業者との提携関係を通じて取得した専門知識を活用をする事でモバイルネットワーク業界に革新的なソリューションを提案しています。 本格的なモバイルビジネス時代の幕明けに際して、モバイル通信のイノベーターである兼松コミュニケーションズ株式会社は、企業向けモバイルソリューション を提案する事で日本のビジネスシーンに変革をもたらしています。

▽NetComm Wireless Limited について

NetComm Wireless Limited(以下「NetComm」)は、M2M端末及びソリューションの世界的な大手開発メーカとして、3G、4G及び郊外ブロードバンドの新世代 固定無線端末を提供し、ますます世界中での接続が可能になってきている今日を支えています。NetCommのソリューションは、大手通信キャリア、ネット ワーク・プロバイダーの中核、及びシステムインテグレーターによって活用されており、M2Mや郊外ブロードバンドの市場において、ネットワークパフォーマ ンスの最適化や接続された製品・サービスのサポートが行われています。これまで過去33年間で、NetCommは世界初となるデータ通信製品のポートフォ リオを築き上げ、現在は無線技術におけるイノベーターとして世界的に認知されています。同社はシドニー(オーストラリア)に本社を置き、米国、欧州/英 国、ニュージーランド、中東そして日本にも支社を構えております。

詳しい情報につきましては以下をご参照願います。

www.netcommwireless.com

ソース:NetComm Wireless Limited